あい皮膚科クリニック

マダム美由紀の“内から外から健康で美しくレシピ集9”

お久しぶりです。良子先生の友人MMです。

雨が降って涼しい日があれば、真夏のように暑い日もあるなど、一定しないお天気が続いています。
皆さん、お元気にお過ごしでしょうか。
本格的な夏を迎える前に、しっかり食べて、体調を整えましょう!

はじめに今が旬のきゅうりを使った『きゅうりの冷たいスープ』をご紹介します。
まず、きゅうりの栄養について。きゅうりと言ったら、まっさきに思い浮かぶのがカリウムです。
カリウムには体内の余分なナトリウムを排出し、むくみを解消する働きがあります。
また、きゅうりにはホスホリパーゼという脂肪分解酵素も含まれています。
成分の90%以上が水分であるきゅうりは、水分補給に役立ち、体を冷やす作用もあるので、夏に最適な野菜です。

きゅうりの冷たいスープ

材料(2人分)

  • きゅうり 2本
  • 玉ねぎ 1/8個
  • 水 300ml
  • コンソメ 1個
  • 砂糖 小さじ1弱
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ヨーグルト 大さじ2~3
きゅうりの冷たいスープ

作り方

  • きゅうりは両端を切り落とし、ぶつ切りにする。
    玉ねぎは薄切りにして、辛みを取るため水にさらす。
  • 1のきゅうり、玉ねぎと、水、コンソメ(砕いて)、砂糖、オリーブオイルをミキサーに入れ撹拌する。
  • 2を器に入れ、よく冷やす。
  • お好みでヨーグルトを大さじ1~2杯浮かす。

どうですか?切ってミキサーにかけるだけ。夏には火を使わない料理が一番助かります。
きゅうりをスープにするのは珍しいですが、目に鮮やかで、ちょっと緑の香りが残るさわやかなスープです。新鮮なきゅうりが手に入った時に、どうぞお試しください。

次は、野菜もたんぱく質もしっかり摂れる『野菜たっぷりメカジキソテー、カレーソース』をご紹介します。
メカジキは、カジキマグロと呼ばれることもありますが、マグロとは別の白身魚です。脂肪分が少なく良質なたんぱく質を多く含みます。くせがなく食べやすいので、夏の体力UPにお薦めの食材です。

野菜たっぷりメカジキソテー、カレーソース

材料(2人分)

  • メカジキ 2切れ
  • 玉ねぎ 1/8個
  • 人参 1/4本
  • きゅうり 1/2本
  • 酢 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ4
  • 塩 小さじ1/2
  • カレー粉 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
野菜たっぷりメカジキソテー、カレーソース

作り方

  • 玉ねぎは薄切りにして、辛みを取るために少し水にさらす。
    人参、きゅうりは千切りにする。
    人参は柔らかくするために塩(分量外)を少しかけ5分くらい置いておく。
  • メカジキに酒大さじ1杯(分量外)を振り、水気を拭く。両面に塩・コショウを振って下味をつけ、薄く小麦粉(分量外)をまぶす。
  • フライパンにオリーブオイル大さじ1(分量外)を熱し、2のメカジキを入れ、両面を焼く。
  • 材料5~9を混ぜ合わせ、カレーソースを作る。
  • 3のソテーしたメカジキを皿に盛り、上に水気を絞った1の野菜をのせる。
    上から4のカレーソースをかける。

上にのせる野菜は、量も種類もお好みで構いません。何種類かの野菜で彩りを良くしたほうが、目も喜び、食欲も増すように思います。カレーソースのオイルと酢の割合もお好みでどうぞ。カレー粉には食欲を増進させ、消化を促進させる働きがあります。

これから暑い夏がやってきます。食欲がない時にも、色々工夫してお食事を楽しみましょう。
「よく食べて、よく寝る」、これが健康と美の基本です。しっかり実践してくださいね!

一覧へ戻る

TOP