あい皮膚科クリニック

マダム美由紀の“内から外から健康で美しくレシピ集10”

立春が過ぎ、梅の花もほころぶ季節となりました。お久しぶりです。良子先生の友人MMです。
これからの季節は、合格発表、卒業式、入学式・・・と、お祝いの機会も多いのではないでしょうか。
今回はそんな晴れの日にぴったりな『洋風鯛めし』と、デザートに『苺のティラミス風』をご紹介します。

まずは、洋風の主菜・副菜にも合う『洋風鯛めし』をご紹介します。
鯛の旬は2月から3月頃で、まさに今がその時期です。体の細胞を作るのに必要な良質なたんぱく質を多く含みます。また、白身魚にしては珍しくDHA・EPAが豊富です。低脂肪で消化も良く、小さなお子さんから年配の方まで食べていただける食材です。
炊飯器でも炊けますが、尾頭付きの鯛がのったご飯をそのままテーブルに出しますと、おめでたい気分が盛り上がりますので、今回はホーロー鍋を使いました。土鍋でも大丈夫です。

洋風鯛めし

材料

  • 米 2合
  • 鯛 1尾
  • 水 400ml
  • 薄口醤油 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 昆布茶 小さじ1
  • 無塩バター 15g
  • パセリ 少々
洋風鯛めし

作り方

  • 米をといで30分程度浸水させ、ざるにあげて水気をきる。
  • うろこと内臓をとった鯛を洗い、水気をよく拭きとり、塩(分量外)を両面に振る。
  • 2の鯛を焼き色がつくくらいグリルで焼く。生臭みを出さないためなので、中まで火が通らなくて構いません。
  • 材料3の水に、材料4~8までを入れ、よく混ぜ合わせる。
  • 鍋に1の米を入れ、4の水と調味料をあわせたものを注ぎ、材料9のバターをところどころに散らし、3の鯛をのせる。
  • 鍋に蓋をして中火にかけ、沸騰したら弱火で13分~15分加熱する。火をとめて10分蒸らす。
  • ご飯の上にパセリのみじん切りを散らす。

どうですか?鯛のうろこと内臓を取るのは、売り場でやってもらうと、あとは簡単です。
今回は晴れの日料理ということで尾頭付き鯛を使いましたが、手に入らないときは切り身2、3切れで作ってください。
昆布茶の代わりに昆布だしを使っても、もちろん構いません。有塩バターを使う場合は、塩を少なめにしてください。

テーブルで鯛の姿を目で楽しんだ後は、骨を取り外しながら身をほぐし、ご飯と混ぜ合わせてお召し上がりください。

次は、デザートの『苺のティラミス風』です。ティラミスといっても、マスカルポーネチーズを使うところだけで、あとはヨーグルトと旬の苺を使っています。
苺はよく知られているように、ビタミンCが豊富です。ビタミンCはコラーゲンの生成を促し、シミのもととなるメラニンの生成を抑える働きをもっています。
また、葉酸も多く含まれています。葉酸は細胞分裂やDNAの合成に必要なため妊娠中の方に推奨されていますが、その他にも、肌のターンオーバーを促す働きや、赤血球を作る働きがあります。
どちらも健康と美容に欠かせないビタミンです。

苺のティラミス風

材料(2~3人分)

  • マスカルポーネチーズ 100g
  • ヨーグルト 100g
  • 蜂蜜 大さじ2
  • 苺 200g
  • 苺(飾り用) 3粒
  • グラニュー糖 40g
  • レモン汁 小さじ1
  • ビスケット 6枚
苺のティラミス風

作り方

  • まずは苺ソースから。
    苺(材料4)は洗ってへたを切り落とし、よく水気を拭いて荒くきざむ。グラニュー糖と一緒に鍋に入れ、火にかける。煮立ったらアクを取り、レモン汁を入れ中火で10分ほど煮る。
    粗熱が取れたら冷蔵庫に入れておく。
  • ヨーグルトを水切りする。
    ボウルにざるをのせ、キッチンペーパーを敷く。ヨーグルトを入れ、ラップをして冷蔵庫に置く。
    1時間ほどで水切りできます。
  • マスカルポーネチーズと2のヨーグルトと蜂蜜を混ぜ合わせる。
  • ビスケットを荒くくだいておく。深めの器にビスケットを敷き、苺ソース、3を重ねる。
    再度、ビスケット、苺ソース、3を重ね、上に苺を飾る。冷蔵庫で冷やす。
    材料の分量ですと、苺ソースは多めにできますので、重ねる時は3のクリームとバランスの良い量にしてください。

苺ソースと水切りヨーグルトを作っておけば、あとはすぐに出来上がります。
出来てすぐの時はビスケットのザクっとした歯触りがアクセントになりますし、時間がたつと、ビスケット部分がしっとりと馴染んで、これまた美味しくいただけます。
苺ソースの材料は作りやすい目安です。用意した苺の量に応じて砂糖を加減してください。苺の20%の量で砂糖をいれています。苺ソースが余った時は、パンケーキやヨーグルトにかけてお使いください。

『洋風鯛めし』も『苺のティラミス風』も、思ったより簡単にお作りいただけると思います。
華やかな食卓を囲んで、どうぞ楽しい時間を満喫してください。
新生活を迎える季節ももうすぐです。元気に食べて、健康と美を手に入れましょう!

一覧へ戻る

TOP