あい皮膚科クリニック

おかげさまで6月2日に12周年を迎えました・・・

季節は「芒種 腐草蛍と為る」蛍が飛び交う季節を迎えております。早いもので、もうすぐ夏至ですね。季節の感覚がないまま時が経過していたような日々でしたが、先日、緊急事態宣言が解除され、徐々に日常が戻りつつあることを感じるこの頃です。皆様はいかがお過ごしでしょうか?当院では新型コロナ感染症の流行時期より予約制にさせて頂き、更にクリニック内の「三密」を避けるため、皆様にお車での待機などをお願いしてご不便をおかけしておりますが、ご理解を頂き感謝しております。今後とも換気など注意を払いつつ診療体制を続けていきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、あい皮膚科クリニックはおかげさまで6月2日をもって12周年を迎えました。皆様のお力添えのおかげでここまで来られましたことを本当に感謝しております。未だ手探りの状態で、まだまだ発展途上ではありますが、毎日若いスタッフ達と働くことはとても楽しく、彼女達のやる気と向上心が、私の活力になっています。今回新型コロナ蔓延という予期せぬ事態を受け、日々変化する状況に対しスタッフそれぞれが力を発揮して臨機応変に対応し、院長を引っ張っていってくれたことを心強く感じています。毎週木曜午後の外来をお願いしている慈恵医大准教授の延山先生も、緊急事態宣言の解除を受け戻って来られました。延山先生には、多くの知識と確かな診断力を学ばせて頂き、皮膚科学の奥深さを改めて感じている毎日です。また、私の大切なスタッフも2児のママになって今月から復帰してくれて、そのおかげで当院も一段とパワーアップしました。私自身もまた新たな気持ちで、初心を忘れず、一つ一つ丁寧に仕事をしていきたいと思います。どうぞ何卒宜しくご指導いただけますようお願い申し上げます。
写真は栃木園芸の大場さんが作ってくださった12周年の白と緑のフラワーアレンジメントです。雨上がりの花や葉の甘い匂いが何ともいえないこの初夏の季節を、どうぞ満喫なさってください。

一覧へ戻る

TOP