宇都宮駅より「峰小学校前」バス停すぐそば 028-683-2400

〒321-0944 栃木県 宇都宮市 東峰町3040

保険診療自費診療

栃木県 宇都宮市 美容皮膚科 皮膚科【あい皮膚科クリニック】しみ/にきび/にきびあと/ほくろ/いぼ/レーザー治療/光治療/ケミ

お問い合わせ 今月のワンポイントアドバイス

美容皮膚科

症状別

しみ

しみの治療はまず、しみの診断を行うことから始まります。しみは紫外線の影響によるメラニン産生の亢進や加齢に伴う皮膚の新陳代謝の乱れによって出現してしまうものですが、実はいくつもの種類があるからです。当院では、女子医大附属青山女性研究所での経験をもとに、視診、問診、特殊カメラ写真によって診断を行い、症状に応じたカウンセリングと治療を行っていきます。

治療法

1.レーザー治療

適応症状)  老人性色素斑(平らなしみ)、脂漏性角化症(隆起したしみ)

  • メラニン色素を破壊するタイプのレーザーや、皮膚を薄くはがすレーザーを使用します。最も効果的で治療効果が早くでるので、部分的なしみにおすすめです。

詳しくはこちら

2.フォトフェイシャル(IPL)治療

適応症状)  老人性色素斑、そばかす、赤み、毛細血管拡張、小じわ、くすみなどの混在症状

  • しみ、そばかすがたくさんある方、しみ以外にも小じわやきめの乱れを改善させたい方、肌質も良くしたいといった方に適した方法です。
  • 徐々に効果を出していくタイプの治療なので、治療回数はレーザー治療よりも多くなりますが、治療後すぐにメイクができるため治療による日常生活への影響が少ない方法です。
  • くすみがとれ、化粧のりがよくなり、皮膚に輝きがでますので、定期的なお手入れの一環として大変効果的です。

詳しくはこちら

3.塗り薬治療(外用美白薬)
  • ハイドロキノンという美白剤とレチノイン酸という肌の新陳代謝を高める薬を配合したクリームです。
  • 他の治療に併用したり、薄い出来たてのしみや炎症後色素沈着、肝斑の方に特に効果的です。肝斑の複合治療
  • 肝斑とは、左右対称で地図状のべったりとしたしみのことです。女性ホルモンや強い日焼けの影響で発症するといわれていますが、確実なことはわかっていません。
  • フォトフェイシャル、ケミカルピーリングやイオン導入などの治療と内服薬、外用薬の併用治療で効果を得ます。おひとりおひとりの肌状態をみながら、プログラムを作成させていただきます。

肝斑(特殊なしみ)

しみと言っても実は様々な種類があります。その中で、肝斑という左右の頬に対称性にでるしみは治療に抵抗性がある特徴的なしみです。トランシーノという飲み薬が脚光をあびていますので、皆さまにも「カンパン」という病名は浸透しつつあると思います。
肝斑はレーザー治療など不適切な治療では悪化してしまいますが、適切な治療により改善するしみです。

肝斑の特徴
  • 両頬、額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称性に存在する
  • 地図のようにべったりとして見える
  • 女性ホルモンの関与が疑われる(更年期、ピル内服中など)
  • 妊娠、出産時期に出現したまま改善しないなどの特徴をもつしみです。

治療法

肝斑は治療が難しいしみです。一般的には内服・外用・ケミカルピーリングなどで長期間かけて治療されています。当院では女子医大附属青山女性研究所の治療実績をもとに「メラニンを除去する治療」と「メラニンの産生を抑える治療」の組み合わせ治療で行っていきます。
症状によって次のような治療を組み合わせて行います。

1.レーザートーニング
  • 「Medlite C6(メ ドライトC6)」による肝斑の新しい治療法です。

詳しくはこちら

2.フォトフェイシャル(IPL)治療
  • 当院独自の肝斑用の設定で照射します。メラニンを外に追い出します。

詳しくはこちら

3.外用美白剤
  • メラニン色素の産生を抑制するハイドロキノンと代謝を高めメラニン色素を外にだすレチノイン酸とが配合された外 用剤です。
4.内服薬 ( トランサミン、ビタミン剤など )
  • メラニン産生を抑制し肌状態を整えます。
5.ケミカルピーリング
  • メラニン色素を排泄し、メラニン色素の産生を抑制する効果があります。

詳しくはこちら

6.イオン導入
  • 微弱な電流を用いることにより、イオン化した水溶性の物質を効果的に皮膚に浸透させる方法です。外用では、皮内に浸透しにくいため、イオン導入法は、大変効果的です。当院ではビタミンCやトランサミンなどのイオン導入を組み合わせて行います。

詳しくはこちら

治療効果

肝斑は治療を継続すると徐々に薄くなります。( ただし個人差はあります )

アフターケア
  • 肝斑の悪化を防ぐため、治療中・治療後は、絶対日焼けをしないように十分な注意が必要です。
  • 肝斑の色が薄くなってからも、ひきつづき外用美白薬を継続したり、フォトフェイシャル治療を2~3ヶ月おきに受けると、効果を維持出来ます。
その他注意点
  • 肝斑は、紫外線の影響や生活習慣、ストレス、ホルモンバランスなどにより色が濃くなることもあります。
  • 症状の変動に合わせてそのつど最適な治療方針を立てていきます。

しわ・たるみ

治療法

1.タイタン&ジェネシス
  • ジェネシスと併用し、タイタン&ジェネシスとして治療を行います。
  • たるみ引き締めに効果があります。
  • 切らずにリフトアップし、お肌を内側からキュッと引き締め、お顔の余分なたるみやしわを安全に軽減します。

詳しくはこちら

2.トレチノインクリーム

トレチノインはビタミンAの一種で、「しみ」や「しわ」などのお肌のトラブルを改善する働きがあります。紫外線や加齢変化により、お肌の奥の真皮にあるコラーゲンなどが減ってしまうと、お肌の弾力が失われて「しわ」ができやすくなります。

当院では「しわ」に対して効果的な0.005%トレチノインクリームを作りました。

<トレチノインの働き>
ターンオーバーを促進し、角層にたまったメラニンの排出を促します。
コラーゲンなどを作る細胞を元気にし、お肌の弾力を高めます。

<適応> 浅いしわ

<使用期間>
3ヶ月~6ヶ月の継続的な使用を目安としています。

「しわ」の気になる部分に続けてお使い下さい。
トレチノインは酸化しやすいため、時間が経つと効果が期待されにくくなります。
冷所保存して1個のクリームは1ヶ月以内に使い切って下さい。

<価格>
10g 4,100円(税込)です。使用期限は1ヶ月です。

3.ファームアップ

新しいたるみの治療
切らないリフトアップ“ファームアップ”を導入しました

痛みの少ない、即効性のあるリフトアップ機器のご紹介をいたします!

ファームアップ

ファームアップとは

皮膚のタイトニングを行い、切らずにリフトアップする、美容医療最新の治療器です。
当院に従来からあるタイタンは、主に水分に吸収される赤外線領域の波長光を照射することで、真皮層の比較的浅い部分に熱エネルギーが伝わることにより、真皮を収縮させ生が細胞を刺激しコラーゲンの合成を促します。
ファームアップも同様の原理ですが、タイタンとの大きな違いは「IN MOTION」という、動かしながら施術することで固定照射をするタイタンよりもさらに痛みが少ない治療となりました。
また、ファームアップは顔だけでなく首からフェイスラインも治療するので、若々しいハリのある肌とすっきり引き上がったフェイスラインを同時に実現することが可能です。
さらにファームアップはメラニン選択性も非常に低いため、色素沈着などのリスクが少なく、安全性が極めて高い美容治療です。

ファームアップ

1.治療直後から効果を実感、切らないリフトアップ

波長1,300nmの光線を用いて皮膚内部の水分に働きかけ、比較的短時間の過熱を繰り返すことで真皮内に熱を発生させます。
コラーゲンの収縮と生成を促し、治療直後から肌が引き締まったことを実感できます。肌が引き締まることでたるみを改善し、ほうれい線を目立たなくし、フェイスラインをシャープにします。
ファームアップは若々しいハリのある肌とすっきり引き上がったフェイスラインを同時に実現させることが可能な美容治療です。

2.短時間の治療で、痛みはさらに少ない

「IN MOTION」という施術で動かしながらお肌をトリートメントしていくので、痛みがほとんどありません。
また、ファームアップは肌表面にダメージを与える施術ではないため、腫れたり痕が残るようなことはほとんどなく、麻酔等も必要ないため、トリートメント終了後はすぐにお化粧をしてお帰り頂くことが可能です。
施術中は温かいマッサージを受けているかのような感覚です。

3.コラーゲン合成により、長時間効果を持続

施術後、徐々にコラーゲンの生成が促され効果がアップします。
また2~4週間毎に計3~6回行うことで効果が数ヶ月持続します。

症例写真

症例写真 症例写真
ファームアップ ファームアップ

治療前の注意点

次のような方は治療をお受けになることはできません。
  1. ① がんの方(特に皮膚がん)
  2. ② 妊娠中の方
  3. ③ レーザー照射が禁じられている感光性薬剤を処方されている方
  4. ④ 治療前後1ヶ月以内に長時間日光に当たる方、もしくは当たった方
  5. ⑤ 治療部位にヘルペスを発症している方
  6. ⑥ ケロイド体質の方
  7. ⑦ インスリン依存型糖尿病
  8. ⑧ 乾燥肌または皮膚がダメージを受けやすい方
  9. ⑨ てんかんの既往がある方
  10. ⑩ ホルモン異常の方
  11. ⑪ 抗凝固剤を内服されている方

所要時間 約30分
施術回数 2~4週間に1回、計3~6回  ※ファームアップの施術はスタッフが行います。
タイタン&ジェネシスを受けられている方の定期的な美容維持方法としてもおすすめしています。
料金   35,000円/1回(税別)

治療当日は、肩のあたりまで露出できるようなキャミソールなどを着用し来院してください。
詳しくは当院スタッフまでお気軽にお問い合せ下さい。

にきび・にきびあと

にきびの原因
  • 成人型のにきびは、思春期以降にできる、比較的治りにくいにきびです。
  • ストレス、ホルモンバランス、食生活など様々なものが関係します。
  • 皮膚で起こっている変化は、皮脂の過剰分泌または乾燥による毛穴のつまりによって、皮脂がスム-ズに外にでない状態です。このことが、アクネ菌(にきびの原因菌)の繁殖を招き、さらには炎症を引き起こし悪循環に陥らせるといわれています。当院ではおひとりおひとりの症状や原因を十分診察させていただいたうえで、治療方針をたてます。
    症状によっては食事指導や漢方薬などを処方し、体質改善を目的とした治療をさせていただきます。

治療法

1.eマトリックス

フラクショナル治療の1種です。当院ではフラクショナル治療導入にあたって、最も日本人のデリケートな肌に最適でダウンタイムを短縮し、色素沈着や腫れなどのリスクも抑えながら、高い治療効果を有するeマトリックスを導入することとしました。初の「RF(高周波)をフラクショナルに照射する」、新しいスキンリジュビネーション治療を行っています。難治性のにきびやにきび跡・毛穴開大・キメやハリの向上などスキンテクスチャーの改善に効果があります。

詳しくはこちら

2.ケミカルピーリング
  • グリコ-ル酸やサリチル酸によるケミカルピ-リングで、毛穴のつまりをとり、皮脂の分泌をコントロールする方法で、ほとんどのにきびが適応となります。
  • 皮脂の分泌がとても多い場合はサリチル酸という皮脂に親和性の高いものを使用して効果を高めます。グリコール酸とサリチル酸の二重ピーリングは効果の高い治療方法です。
  • 繰り返し治療を受けるとにきびが出来にくい肌になっていきます。

詳しくはこちら

3.フォトフェイシャル(IPL)治療
  • 膿を持つようなにきびはないけれども、赤みの強いにきびが多くある場合、また赤いにきびあとが目立つ場合に向いている治療です。
  • 光による殺菌、炎症の沈静化により改善が得られます。

詳しくはこちら

4.ジェネシス
  • くすみ、肌のキメ、ハリ等、肌質の改善に最も効果がありますが、沈没したニキビ跡の改善にも可能です。
  • 毛細血管にも働きかけるので、赤ら顔にも効果があります。

詳しくはこちら

5.炭酸ガスレーザー治療
  • こもってしまって膿が外に出ないようなタイプのにきびに効果的な治療です。
  • ほくろやにきびを除去するタイプのレーザーで膿を外に出して治りを早めます。

詳しくはこちら

6.レチノイン酸外用治療
  • 毛穴のつまりをとり、さらに皮脂の分泌を抑制する作用がある外用剤です。
  • 自宅で毎晩塗布することで徐々に改善を得る治療です。
  • ケミカルピーリングやフォトフェイシャル治療との併用が効果的です。
7.抗生物質外用、内服治療
  • 膿を持ったにきびがひどい時には、抗生物質の外用や内服を行い、沈静化させることが大切です。
8.漢方療法
  • にきびという状態を改善するだけでなく、便秘、生理痛、むくみなど体質改善を目的としたアプローチをさせていただきます。皮膚の症状の改善だけでなく、外からも内側からも変化がみられると思います。
9.ビタミンC外用、イオン導入
  • にきびが悪化する原因には毛穴の炎症が関与しています。
  • ビタミンCには、炎症を抑える効果、アクネ菌が産生する活性酸素という悪い成分を除去する作用などがあります。ビタミンCを効率よく取り込む方法として、イオン導入が効果的です。

詳しくはこちら

上記のようにいくつかの方法を組み合わせて、最適なプログラムを作成し、にきび治療を行っています。
是非おひとりで悩まず、気軽に相談にいらして下さい。

毛穴

毛穴については、前述のにきび・にきびあとで説明しました治療の他に、毛穴のイオン導入がおすすめです。皮膚表面に弱い電流を流して、有効成分や美容効果のある物質を皮膚に浸透しやすくする方法です。当院では、毛穴の引き締めに効果があるグリシルグリシンと、トラネキサム酸のWイオン導入を行っております。

■毛穴の原因として皮脂分泌過剰により角栓がつまって、毛穴がつまりやすく開いた状態になります。さらに開いた毛穴に皮脂が残ると酸化して黒ずみ、くすみの原因になります。
■また年齢を重ねて肌がたるんでくると、毛穴は下方向に引っ張られ開きやすくなります。 当院では毛穴の開大の原因に応じて治療を選択していきます。

治療法

1. eマトリックス

フラクショナル治療の1種です。当院ではフラクショナル治療導入にあたって、最も日本人のデリケートな肌に最適でダウンタイムを短縮し、色素沈着や腫れなどのリスクも抑えながら、高い治療効果を有するeマトリックスを導入することとしました。初の「RF(高周波)をフラク ショナルに照射する」、新しいスキンリジュビネーション治療を行っています。難治性のにきびやにきび跡、毛穴開大、キメやハリの向上などスキンテクスチャーの改善に効果があります。

詳しくはこちら

2. フォトフェイシャル(IPL)

肌トラブルの原因となるターゲットに光があたると、そのエネルギーが熱に変わり、コラーゲンを修復 改善します。毛穴が引き締まり、肌のキメが整った滑らかな肌に導きます。

詳しくはこちら

3. タイタン&ジェネシス

タイタン(近赤外線治療器)とジェネシス(1064nm YAGレーザー)のコンビネーション治療で毛穴の引き締めを行う治療です。

詳しくはこちら

4. イオン導入

グリシルグリシン(GG)の導入

グリシルグリシンはアミノ酸の一種で、毛穴を収縮させる作用があります。
「目立つ毛穴」というのは、毛穴の周辺がすり鉢状に凹んでいて、皮脂の中に不飽和脂肪酸が多く含まれています。
この不飽和脂肪酸は、毛穴周辺の角化異常とキメの乱れを引き起こします。グリシルグリシンは、この不飽和脂肪酸の悪影響を細胞の中から抑制し、毛穴を収縮させてくれるのです。
イオン導入をすると、薬剤は毛包を介して皮膚に吸収されて毛穴部分に浸透していきます。
みずみずしい潤いでお肌のキメを整えて、毛穴が目立つお肌をなめらかにしていきます。

トラネキサム酸の導入

抗プラスミン作用のある薬用アミノ酸です。抗止血作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用など多くの作用があります。

皮膚に対しては、抗炎症作用による肌荒れ改善と、メラニン産生抑制の目的で用いられています。

詳しくはこちら

5. ケミカルピーリング

グリコール酸やサリチル酸で毛穴の入口をふさいでいる古い角質を優しく除去します。

詳しくはこちら

ピアス

ピアスの穴あけから、トラブル対応まで万全の体制です。
ファーストピアスは、アレルギー皮膚炎をおこしにくいチタンタイプをおすすめします。
施行前に医師の診察が必要となります。
アトピー性皮膚炎がある患者様、ケロイド体質のある患者様など状態によっては、あけられないこともありますのでご了承下さい。

ほくろ

ほくろは、医学的には「色素性母斑」といいます。

  • しみやそばかすと違って皮膚表面の表皮という部分ではなく、多くは真皮という深い部分に原因の母斑細胞があります。
  • そのため、しみやそばかすのように、光治療や外用薬で治療することはできません。

治療法

1.切除術:手術は木曜午後に行います。
  • 局所麻酔をして切除、縫合します。
  • 抜糸までの約1週間はガーゼ処置が必要です。
  • 再発することはありませんが、傷跡の赤みが目立たなくなるまで最低約1ヶ月はかかります。上記の治療方法について患者様とよく相談の上、適した治療を行います。
2.レーザー治療(自費治療)
  • 盛り上がっていない、平坦なほくろに対して行います。
  • レーザー治療は切除術に比べてその後のケアは簡単です。
  • 治療部位は直後に少しへこみがあり擦り傷のようになりますが1週間程度で乾きます。
  • メイクや入浴などは通常どおりにできます。
  • 母斑細胞のある深さによっては再発することがあります。

いぼ

1.スキンタグ(軟性線維腫)
  • 主に30代以降に、首を中心にできる薄茶色で隆起性のいぼです。
  • 肌質や強い日焼けによってできると言われます。
  • できやすい肌の場合は首だけでなく腹部や胸部にもできます。
2.老人性ゆうぜい(脂漏性角化症)
  • 隆起したしみのようなもので、主に顔にできます。
  • 加齢とともに増加することがあります。

治療法

1.液体窒素(ドライアイス)による冷凍療法
  • 簡便な治療法ですが、1回ではとれません。3~4週間間隔で繰り返し処置を行う必要があるため、時間がかかります。
  • 治療後は一時的に軽いやけどを起こした状態になる為、強く治療をしすぎると跡(炎症後色素沈着)になることがあります。
2.炭酸ガスレーザー
  • 上記の液体窒素に比べて治療回数は1回で済む場合がほとんどです。
  • 液体窒素に比べて治療部位が大変きれいです。
  • いぼの場所と数によっては保険適応になる場合がありますが、治療に制限があります。
  • いぼの大きさによっては局所麻酔をします。治療後は軟膏を塗り、ガーゼ処置を7~10日すると、その後の傷跡が大変きれいになります。その間はシャワー浴になります。

詳しくはこちら

妊娠線

妊娠線とは、妊娠中にお腹が大きくなるスピードに対して皮膚の伸びが追いついていけず、縦にみみず腫れ状にできる赤い線のことです。出来たばかりのときには赤い線ですが、時間がたつと白っぽい筋になります。腹部だけでなく、乳房や臀部、脚などの皮膚にもできることがあり、白い筋となって残ります。個人差がありますが、妊婦さんの7~8割の方に妊娠線は出来ると言われています。

治療としては、伸展してしまった皮膚を収縮させ、症状を改善するタイタンがお勧めです。
タイタンは、遠赤外線が真皮層のコラーゲンを収縮させて引き締めていきます。そのコラーゲンは、長期に渡って再生していきます。コラーゲンを厚くすることで皮膚を内側から引き締めるので、妊娠線の軽減に有効な治療法です。腹部のタイタンは通常1回、または場合により1ヶ月後に再度施行の計2回を必要としています。

詳しくはこちら

治療別

フォトフェイシャル

お肌のくすみ・ハリにおすすめ ~新しいフォトフェイシャル M22 を導入しました!~
新しいフォトフェイシャル M22 を導入しました!
新しいフォトフェイシャル M22 を導入しました!
新しいフォトフェイシャル「M22」は何が違うの?

1、 6種の波長でオーダーメイドの治療ができます
  6種の波長から肌のお悩みに合った波長を組み合わせることで、効果的に治療を行うことができます。

標準6種類+2種類のチップを装備!
さらに3種類のライトガイドを組み合わせることにより、オーダーメイドの治療が可能になります!

2、 きめ細かい施術が可能
  
従来よりも、顔の凹凸に合わせて細かく照射できるようになりました。

3、 ダウンタイム(肌の回復時間)が非常に少ない
  
施術後すぐにお化粧が可能です。施術後の赤みも、従来に比べて軽減されています。

4、 痛みがほぼゼロ
  従来の機器よりも痛みが少なく、安心して施術を受けていただけます。

新しいフォトフェイシャル「M22」は何が違うの?

フォトフェイシャルってなに?

フォトフェイシャルは光でお肌を美しくする、医療の世界の最先端スキンケアです。しみ・そばかすなどお肌のトラブルが気になりだした女性たちに、最適な美肌作りをサポートするスキンケアとして今注目されています。フォトフェイシャルは、お顔全体に有効な光をあてることで素肌が持つ本来の美しさを呼びさまし、若々しい素肌に改善していきます。また、沈着してしまったメラニンにダメージを与えると同時にコラーゲンの再生を活性化させるので、お肌が内側から美しく変わっていくのがおわかりいただけるでしょう。施術時間も短く肌へのダメージも大変少ないので、終わってすぐに洗顔やメイクをすることができるのも特徴です。限られた時間を有効に使ってきれいになりたいと思うスマートな女性たちには最適なスキンケアといえます。

なぜ“光”で治療できるの?

フォトフェイシャルの光が、肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンや毛細血管など)に当たると、光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットにダメージを与えます。
フォトフェイシャルの光はターゲットのみに反応するため、素肌を傷つけることなく、トラブル部分のみにダメージを与えることができます。ですから、お肌への負担がほとんどありません。また、この作用によりコラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出す繊維芽細胞の働きが活性化され、内側から自然に美しい肌がつくりあげられるのです。

照射前

照射前乾燥、紫外線によりメラニン色素が沈着して、しみ・そばかすのできた肌。

フォトフェイシャル照射中

フォトフェイシャル照射中顔全体にまんべんなくフォトフェイシャルを照射します。1回の施術時間は約15~20分程度です。

照射後

照射後肌を活性化させるフォトフェイシャルの光によって、光老化現象に効果を示し、きめの整った肌内部。

レーザーとは違うやさしい光

光の刺激で肌トラブルを改善するというと、レーザー治療を連想される方もいらっしゃいますが、フォトフェイシャルの光はIPL(Intense Pulsed Light)といってレーザーとはまったく違います。まるでカメラのフラッシュのようなやさしい光ですから、フォトフェイシャルは痛みもほとんどないマイルドなやさしい治療なのです。

  レーザー治療 フォトフェイシャル
一度の施術で 治療したい肌トラブルによって器械を使い分ける必要があります 「しみ・そばかす、赤ら顔、小じわ、毛穴の開き」など全く異なる症状に同時に効果を発揮します
施術できる部分 気になる点にピンポイントで光を照射するのが一般的です 顔全体の施術が一度に行えます
施術後 レーザーをあてた部分にかさぶたや色素沈着がおこり、施術後、数日から数ヶ月はガーゼを貼って過ごさなければなりません 施術時間も短く、肌へのダメージもほとんどないので、終わってすぐに洗顔やメイクができます

 

こんな肌トラブルに

  • しみ、そばかす
  • 赤ら顔
  • 毛細血管拡張
  • 小じわ(ちりめんじわ)改善

こんな方にお勧めします

  • シミやくすみ、肌の質感の改善など複合的に治療したい
  • 人に気づかれずに治療をしたい(絆創膏フリーでダウンタイムの短い治療)
  • 自然な若返り治療を行いたい

レーザートーニング

レーザートーニングってなに?

レーザートーニングは、QスイッチYAGレーザー「MedLite C6(メドライトC6)」による肝斑の新しい治療法です。これまで従来のレーザー治療ではリスクが高く禁忌とされていた肝斑へ画期的な治療法として非常に注目されています。肝斑のほかにも、開いた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

肝斑治療を可能にする理由は?

均一な照射
レーザートーニングでもっとも重要なのはレーザーが照射される形です。通常、レーザーを照射するレーザービームに真ん中のエネルギーが一番高くなり、端にいくほど弱くなります(ガウシアン型)。しかし、パワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化する可能があるため、今までのレーザー機器では肝斑治療に適していませんでした。「MedLite C6(メドライトC6)」ならレーザーがフラットに照射され(トップハット型)、均一にエネルギーを届けることができるため、効果的で確実なレーザートーニングによる肝斑治療が可能になったのです。

弱いパワーでの照射

肝斑は、ホルモンバランスの崩れなどの原因によって何らかの作用で常に炎症が続き、その結果メラニンをどんどんつくりだす「炎症性の色素沈着」を起こしている状態といわれています。炎症を起こさせないくらいの弱いパワーでレーザーを照射し、肌の中に滞留しているしみの原因であるメラニンを少しずつ壊していくことで、安全で確実に肝斑を治療します。

2つの波長で幅広い適応をカバー

「MedLite C6(メドライトC6)」は1064nmと532nmの2つの波長を搭載し、症状に応じて使い分けることにより、幅広い適応に対応します。1064nmはメラニン色素に穏やかに吸収され深い侵達深度が得られます。1064nmの波長で低出力照射をするレーザートーニングにより、穏やかな加熱でメラニン色素を非侵襲的に除去し、炎症による増悪や色素沈着を抑えながら症状を改善していくことができます。

適応症状

  • 肝斑
  • しみ
  • 色素沈着
  • くすみ
  • 肌質改善

治療法

  • 施行時間は10分程度で終了するので、忙しい方にもぴったりです。
    治療間隔は週に1回、合計5~10回(平均6,7回)の治療が目安です。
  • パチパチとはじけるような刺激がありますが、麻酔は不要です。
  • 治療後は、いつも通りのメイクができるので、気軽に治療を受けられます。

治療効果

  • 肝斑の治療法としてたいへん画期的なものといえます。
    6、7回の照射でかなり肝斑が目立たなくなります。
  • またしみやくすみなどの色ムラも改善し、明るく透き通るような肌へと導きます。
  • さらにハリのあるキメの整った肌に改善しお化粧ノリもアップします。

レーザー治療

レーザー治療とは、美容治療の中でも一般的に良く知られた治療のひとつだといえます。レーザーには多くの種類があり、症状によって使用するレーザーが異な ります。また、使用方法によっても治療効果が違ってきます。当院ではしみとりレーザー(Qスイッチ・ルビーレーザー/ Qスイッチ・ヤグレーザー)と炭酸ガスレーザーを用います。

Qスイッチ・ルビーレーザーについて

ルビーレーザーは、メラニン色素への吸収率がとても高く、黒色・茶色の色素性病変治療に優れているレーザーです。ルビーレーザーには、ノーマルモード・ルビーレーザーとQスイッチ・ルビーレーザーがあります。これらはしみのもとになるメラニン色素をターゲットとして破壊するレーザーですので、周囲の組織に対して最小のダメージしか与えません。通常1~2回の治療で満足な治療効果が得られます。

Qスイッチ・ヤグレーザーについて

Qスイッチ・ヤグレーザー(メドライトC6)は、2種類の波長(532nm、1064nm)があり、色素選択の幅が広いのが特徴です。表在性色素疾患の治療では、メラニンへの吸収が高く、表皮の色素を効率よく加熱・破壊させることができる532nmの波長を用います。トップハット型ビームでのホットスポットのない均一なエネルギー分布により、早い術後治療と色素沈着などのトラブルが少ない治療を実現します。

適応症状

  • しみ
  • あざ:黒あざ(太田母斑・異所性蒙古斑)、茶あざ(扁平母斑)
    ※場合によっては、大学病院のレーザー専門外来にご紹介することもあります。
  • しみに見えるあざ(遅発性太田母斑様色素斑)
    など

治療法

いずれの症状の場合も、しっかりと診断して予想される治療効果と回数を説明してから治療を開始します。

  • 治療部位や症状にもよりますが、多少の痛みを伴いますので必要に応じて冷却やテープ麻酔を行います。
  • 治療部位はかさぶたが出来ますが、数日のうちに剥がれ落ちます。
  • かさぶたがはがれるまでは化膿止めの軟膏で治療部位を保護します。
  • テープで保護することをおすすめしますが、どうしても必要な場合は直後よりメイクができるものをご紹介させていただきます。

治療効果

アフターケア
  • ルビーレーザー照射部位は軽いやけどに近い症状を示しますので、治療後1週間は治療部位を擦らないように注意して下さい。石鹸を使った洗顔は可能です。
  • 治療後ヒリヒリとした痛みが感じられることがありますが、数時間~数日で消失します。ヒリヒリする間は炎症を抑えるぬり薬を塗っていただきます。また治療部位より浸出液が出ることもありますが、通常3~4日で止まります。
  • 治療後レーザー照射部位は約1週間で黒褐色のかさぶたになり剥がれ落ち、その下に少しピンク色がかった肌が見えてきます。ピンク色の肌は、新しく出来たばかりの弱い肌なので、3ヶ月間はこすったり強い刺激を与えたりしないで下さい。また直射日光はレーザー照射後の色素沈着の原因となりますので、治療後症状が安定するまでは、日焼けをしないように気をつけて下さい。(かさぶたが取れた後は遮光剤を使用していただきます)
炎症後色素沈着について
  • 治療後数ヶ月は皮膚にレーザー照射による炎症反応が残っています。レーザー治療をお受けいただいた方の半数はそのまま炎症が治まってきれいに治りますが、残りの半数の方、特に火傷や傷跡が色素沈着しやすい方は治療後2~4週でレーザー照射による一時的な反応性の色素沈着を生じることがあります。
  • その場合も色素沈着は自然に消えてきますが、半年から1年位の期間を要します。強い色素沈着を生じた場合には、色素沈着を早く消すための塗り薬(別途費用)をご用意しております。

炭酸ガスレーザー(スーパーパルスレーザー)について

一般的にいぼと呼ばれるものや、盛り上がりのあるほくろに対し、主に炭酸ガスレーザーを用いて治療をします。

1.スキンタグ(軟性線維腫)

首などによくできる、俗にねずみの手といわれる茶色く盛り上がったもの

2.老人性ゆうぜい(脂漏性角化症)

隆起したしみのようなもの

3.盛り上がりのあるほくろ

ほくろを完全に除去するのではなく、盛り上がった部分だけを削りとる方法で、出血せず、手術に比べると、傷痕が早く目立たなくなりますが、一方デメリットとして深い部分にほくろの細胞が残りますので、将来再発する可能性はあります。

タイタン

タイタンとは、皮膚のタイトニングを行い、切らずにリフトアップする、美容医療最新の治療器です。近赤外線ランプを使用して真皮(皮膚の深い部分)にある水分を加熱することでコラーゲンの熱反応を起こし、たるんだ皮膚を引き締めてコラーゲンを収縮し、再生します。その結果お肌を内側からキュッと引き締め、余分なたるみやしわを安全に軽減します。当院ではタイタン&ジェネシスとして治療を行います。施行回数は患者様の皮膚の状態により異なりますが、1ヶ月間隔で1~3回の治療が必要な施術です。ごくまれに薄い発赤や軽い火傷を引き起こす場合があります。

治療法

タイタン&ジェネシスの方法

施行時間は約40分です。冷却効果のあるジェルを塗り、施行します。照射後は冷却し、お化粧をしてお帰り頂けます。紫外線の影響を受けるため、日焼け止めなどの予防は必ず行って下さい。治療直後の引き締まりは、患者様の皮膚の状態により、なくなる場合がありますが、皮膚の中のコラーゲンの引き締まりは持続していきます。

治療効果

タイタン&ジェネシスの方法
  • 強力な引き締め効果
  • 真皮組織の即時的熱収縮
  • 長期的なコラーゲン増生による引き締め効果の持続
タイタンとジェネシスの併用について

「タイタン」は真皮層(皮膚の深い部分)に作用して、リフトアップと引き締めを促すのに対し、「ジェネシス」では表皮層へ働きかけることで、小ジワや肌質改善などの整肌効果、毛穴の開きや赤ら顔などの改善を行います。この2つを併用すると、真皮層からの引き締めを「タイタン」で、表皮の引き締めを「ジェネシス」で行うという理想的なプログラムが実現します。

ジェネシス

ジェネシスとは、ロングパルスNd:YAGレーザーを使用する治療法です。レーザーを中空照射して真皮上層部を加熱し、コラーゲンの増生を促します。その結果、肌のキメやハリを改善させます。陥没したニキビ跡の改善も可能です。また、真皮上層部の微小血管を狙うことができ、浮き出た毛細血管を目立ちにくくする効果があり、赤ら顔の改善も期待できます。

毛穴の開き・くすみにも効果的です。照射するレーザーは42℃のマイルドな熱であり、人によっては照射時に少しちくちくした痛みを感じることがあります。(注:痛みの感じ方には個人差があります。)

施行回数は患者様の皮膚の状態により異なりますが、2~3週ごとに約5~6回必要です。事前にテスト照射を行いますので、副作用及び危険性はないと考えますが、ごくまれに発赤や軽い火傷を引き起こす場合があります。

治療法

施行時間は約20分です。レーザー光をお顔全体に中空照射します。照射後は冷却し、お化粧をしてお帰り頂けます。紫外線の影響を受けるため、日焼け止めなどの予防は必ず行って下さい。

治療効果

  • 肌質の改善
  • 表面の引き締め効果
  • にきび跡の改善
  • 赤ら顔(皮膚の赤み)の軽減
  • 毛穴開大の軽減
  • 肌のくすみ

ケミカルピーリング

  • ケミカルピーリングとは、弱い酸性のお薬を肌に塗り、皮膚表面の角質を薄く取り除き、新陳代謝を刺激し毛穴のつまりを改善する治療です。
  • 老化や紫外線などのダメージを受けたお肌では、皮膚のターンオーバー(表皮の生まれ変わり)の周期が長くなり、角質層が厚く表面にたまってしまいます。
  • ケミカルピーリングは余分な角質を取り除くことで、ターンオーバー周期の改善、毛穴のつまりの改善などが得られます。

適応症状

  • にきび:ピーリングにより最も効果が期待できると思います。
  • 肝斑
  • しみ
  • くすみなどの肌改善

治療法

使用する弱い酸(グリコール酸・サリチル酸など)の種類と濃度を症状に合わせて選択します。組み合わせて治療することもあります。

  • 治療間隔は2~4週おき、定期的に繰り返して治療を受けることをおすすめします。(通常5回程度繰り返すと各症状の改善が得られます)
  • メイクを落とし、ピーリング剤を皮膚に塗り、数分後に洗い流します。
  • ピーリング中は、軽い刺激感があります。
  • 施術時間はお肌の状態に合わせて調節します。(通常2分~5分程度)

治療効果

上記の適応症状を除去するまたは改善効果が得られます。

  • たまった角質を取り除き新陳代謝を活発にすることで、くすみが取れるだけではなく健康で美しい肌になります。
  • 毛穴のつまりが改善し、にきびを出来にくくします。
  • 皮脂の分泌を抑え脂性肌を改善させます。
アフターケア
  • ピーリング後は少し顔がほてったように赤みが出ることがありますが、通常数時間で落ちつきます。一時的なものなので十分保湿を心がけて下さい。
  • ピーリング後は紫外線の影響を受けやすいため、季節を問わず必ず日焼け止めクリームをお使い下さい。
  • ピーリング直後は、有効成分が浸透しやすくなっていますので、美白作用のあるクリームやイオン導入などの美肌治療の効果が高まります。

イオン導入

1.美白イオン導入

皮膚表面に弱い電流を流して、有効成分や美容効果のある物質を皮膚に浸透しやすくする方法です。
皮膚表面は角質や皮脂などのバリアに守られているため、化粧水や美容液中の有効成分は、皮膚のごく表層に少量しか浸透しません。しかし、皮膚表面に弱い電流を流して有効成分をイオン化すると、皮膚の深部に30~100倍の濃度で浸透させることができます。

  • 皮膚に微弱な電流を流し、様々な美容成分を皮膚内に効果的に導入する方法です。
  • 同じ成分をローションとして皮膚に塗布する場合に比べ、イオン導入では肌への浸透率が30~100倍もアップします。
  • 当院では、様々な効果を持つ高濃度ビタミンCローションやトラネキサム酸の導入をおすすめしています。

適応症状

  • しみ、しわ、にきびなどの肌トラブル
  • 肝斑
  • 肌をきれいにしたい方
  • 肌の老化を防ぎたい方

治療法

1週間~1ヶ月に1回のイオン導入により、改善効果が期待できます。クリニックでのイオン導入は、家庭用に比べ電流などの設定が高く、施術者が時間をかけて丁寧に行いますので、その効果は絶大です。

治療効果

1.ビタミンCには以下の効果があります。

  • メラニンを薄くし、合成を防ぐ。
  • コラーゲンの合成を高める。
  • 毛穴を引き締める。
  • 活性酸素を除去する。

2.トラネキサム酸には以下の効果があります。

  • 肝斑・赤みの改善
  • 抗炎症作用による肌荒れ改善
  • メラニン産生抑制上記の作用の結果、しみ、しわ、にきびなどの肌トラブルが改善され、美肌効果を実感できます。

2.毛穴イオン導入

当院では、毛穴の引き締めに効果があるグリシルグリシンと、トラネキサム酸のWイオン導入を行っております。

グリシルグリシン(GG)の導入

グリシルグリシンはアミノ酸の一種で、毛穴を収縮させる作用があります。 「目立つ毛穴」というのは、毛穴の周辺がすり鉢状に凹んでいて、皮脂の中に不飽和脂肪酸が多く含まれています。この不飽和脂肪酸は、毛穴周辺の角化異常とキメの乱れを引き起こします。グリシルグリシンは、この不飽和脂肪酸の悪影響を細胞の中から抑制し、毛穴を収縮させてくれるのです。 イオン導入をすると、薬剤は毛包を介して皮膚に吸収されて毛穴部分に浸透していきます。 みずみずしい潤いでお肌のキメを整えて、毛穴が目立つお肌をなめらかにしていきます。

トラネキサム酸の導入

抗プラスミン作用のある薬用アミノ酸です。抗止血作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用など多くの作用があります。皮膚に対しては、抗炎症作用による肌荒れ改善と、メラニン産生抑制の目的で用いられています。

eマトリックス

eマトリックスとは、フラクショナル治療の1種です。フラクショナル治療とは、患部全面を一度に照射するのではなく、レーザー光を微細な点状に照射して、瘢痕組織の収縮と正常組織への再構築を促し、コラーゲンを増生させることによりにきび跡、毛穴、お肌の若返りに効果があります。
当院ではフラクショナル治療導入にあたって、最も日本人のデリケートな肌に最適でダウンタイムを短縮し、色素沈着や腫れなどのリスクも抑えながら、高い治療効果を有するeマトリックスを導入することとしました。

難治性のにきびや、にきび跡、毛穴開大、キメやハリの向上などスキンテクスチャーの改善に効果があります。

フラクショナル治療の登場

2005年頃に登場したFraxelRとその後の様々なフラクショナルレーザーによって、ダウンタイムの少ない、治癒の早い治療が実現されることは一般的になりつつあります。
フラクショナル治療は、患部全面を一度に照射するのではなく、レーザー光を微細な点状に照射し、4~6回の治療のセッションに分けて患部全面をカバーします。レーザーが照射された細かい点状のスポットの間に健常組織を残すことで治癒が早まり、痛みとダウンタイムが少ないのが特長です。
そのため、負担の少ないスキンリジュビネーション治療として、患者様から高い支持を得ています。

初の「RF(高周波)をフラクショナルに照射する」テクノロジー

Syneron社が発表したeマトリックスは、初の「RF(高周波)をフラク ショナルに照射する」、新しいスキンリジュビネーション治療です。
eマトリックス治療は、RFを点状に照射することにより、表皮の熱損傷を最小限にとどめて痛みやダウンタイムを抑え、真皮にはボリュームのある加熱領域を作り出すことで、その治癒過程でのコラーゲン生成を促します。
フラクショナル治療の長所であるダウンタイムが少なく、治癒の早い治療を引き継ぎ、RFの特長であるスキンリジュビネーション効果が期待できます。
また、RF装置で唯一、スキン・リサーフェシングの適応でFDAの承認を 取得し、国内外で注目されています。

eマトリックスの効果

従来のフラクショナル治療同様、キメやハリの向上、スキンテクスチャの改善はもちろん、最近では、難治性のアクネやアクネスカーがeマトリックスによって改善する症例が示されており、注目されています。また、毛穴開大に対しても評価が高く、幅広い治療が可能です。

初の「RF(高周波)をフラクショナルに照射する」テクノロジー

RF(高周波)を細かい点状に照射することで、表皮への熱ダメージは少なく、真皮への熱作用は強力に及ぼします。
一般的にレーザーなどの光エネルギーは、皮内で集光・減衰し、深部にいくほど、熱ダメージは乏しくなります。
eマトリックスの場合、RFエネルギーによる熱ダメージ層が円錐形に形成されるよう設計されており、ボリュームのある効果的な加熱を実現します。(右図)

優れたコラーゲン生成による高い治療効果

eマトリックス治療は、真皮への強力でボリュームのある熱ダメージ形成により、創傷治癒後のコラーゲン生成力とスキンリジュビネーション効果が注目されています。
他のフラクショナルレーザー治療のように、治療後、表層に 点状の小さなかさぶたができ、数日で剥がれ落ちた後は、アクネ・アクネスカー・毛穴開大の改善、さらに小じわ改善、キメ・ハリの向上、スキンテクスチャなどのなどの改善が期待されます。
1回の治療でも効果を実感しやすく、患者満足度が高いのも特長です。

様々な症状に対応する幅広い治療レベル設定

A~Cの3つのプログラムがあり、それぞれの治療エネルギーを選択することができます。患者様の肌状態や主訴、ライフスタイルなどを考慮しながら、治療レベルを細かく設定できるため、満足度の高い治療を行うことができます。

Program A Program B Program C

<浅層加熱>
微小な蒸散と真皮加熱・スキンリサーフェシング効果。
色調、スキンテクスチャ改善に。

<中層加熱>
軽度の蒸散と真皮加熱・スキンリサーフェシング効果。
色調、スキンテクスチャ改善に。

<深層加熱>
中等度の蒸散と高いスキンリサーフェシング効果。
アクネスカーや小じわなどの皮膚形態的異常の改善に。

スピーディな治療

治療時間は約15~20分ほどで、4~6週間に一度、3~4回の治療が目安です。

医療脱毛ソプラノアイス

栃木県内初!最新医療脱毛機器“ソプラノアイス”を導入しました

以前からご要望の多かった医療脱毛を当院でも開始することとなりました。
栃木県で初の導入となる“ソプラノアイス”という医療脱毛機器です。
これまでのレーザー脱毛は、高出力のレーザーを1発ずつ照射し、毛根にダメージを与えて脱毛するために強い痛みを伴うものでした。
また、肌の黒い人はやけどのリスクが高く、色の薄い毛や産毛には反応しにくい傾向がありました。
このソプラノアイスは、痛みが少なく、キッズ脱毛・男性ヒゲにもおススメな医療脱毛となっています。

  エステ脱毛 医療脱毛 医療脱毛
脱毛方法 光脱毛 医療レーザー脱毛 ソプラノ脱毛
(蓄熱式脱毛)
痛み
痛みあり
(照射パワー弱)

痛み強い
(照射パワー強)

痛み少ない
(蓄熱式脱毛の特徴)
肌色
黒い肌はNG

黒い肌はNG

肌色を問わず施術可能
効果
減毛効果程度

脱毛効果が認められている

脱毛効果が認められている
施術時間
短い
約40分(広範囲に照射可能)

長い
約2時間程度

短い
約40分(広範囲に照射可能)
施術回数 約15回 約5~8回 約5~8回
医療脱毛ソプラノアイス 医療脱毛ソプラノアイス

ソプラノアイス4つの特徴

1.痛みが少ない

蓄熱式ではない従来のレーザー脱毛と比較して、1発当たりのエネルギー量が半分以下であるため、施術時の痛みが大きく抑えられます。
また、強力な冷却装置で肌表面をしっかりと冷却しながら施術するため、より快適な施術が可能となりました。
そのため痛みから脱毛を敬遠されていた方や、ヒゲを脱毛したい方、お子様などにもおすすめです。

従来のレーザー脱毛

従来のレーザー脱毛

現在、クリニックで使用されている一般的な医療レーザー脱毛機は「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」と呼ばれる脱毛機です。

これらはレーザー光線の発生源(触媒)は異なるものの、黒い色に反応するレーザー光線の特性を利用して、毛根を熱破壊するという脱毛理論を用いた医療レーザー脱毛機です。レーザー照射により毛根が熱破壊されたときに衝撃が発生し、それが痛みの原因となります。

ソプラノアイス(蓄熱脱毛方式 SHRモード)

ソプラノアイス(蓄熱脱毛方式 SHRモード)

蓄熱式方式とは、低フルエンスのレーザーを最大10Hzで繰り返し照射することで皮下に熱を蓄積させ、毛の再生を防ぎ脱毛する方法です。
① レーザーのエネルギーが毛幹を介して皮下に伝播され、熱が発生します。
② 繰り返しレーザーを照射することで徐々に皮下で熱が蓄積されます。
③ バルジ領域を含む毛包周辺組織の温度を均一に上昇させ、関連因子(幹細胞や成長因子等)にダメージを与え、脱毛効果を得ています。

2.日焼け肌もOK

従来のレーザー脱毛では脱毛が難しかった日焼け肌や、肌色の黒い方でも安全に脱毛できることがFDA(米国食品医薬品局)でも認められています。

3.産毛でも効果を実感

今までは脱毛が難しかった産毛や色も薄い毛も効果的に脱毛できます。

4.時間をかけずにスピーディに照射

一度の照射面積が広いため、腕や足などの面積が広い場所でもスピーディに脱毛することが可能となりました。
あまり時間をかけたくない方、通院回数を少なく済ませたい方にもおすすめです。

よくある質問 Q&A

エステや脱毛サロンとの違いは?
医療機関で行うレーザー脱毛とエステや脱毛サロンの光脱毛機器は、出力・効果など異なるものです。
医療用レーザー脱毛と同じ効果を同じ回数で出すのは難しいと思われます。
なぜ痛みが少ないの?
“ソプラノアイス”はSHR方式という弱めの蓄熱方式を搭載した最新のダイオードレーザーです。従来の医療レーザー脱毛機器(HR方式)は毛根のメラニン色素をターゲットにし、高出力のエネルギーが一点に集中するため強い痛みを伴いました。一方、ソプラノアイスは毛包をターゲットにしているため、一点へ集中するピーク時の出力も低く、広範囲に弱いエネルギーで徐々に毛包を破壊していきます。そのため痛みを感じにくく、照射中は熱めのマッサージを受けているかのような感覚で施術が終了します。
医療用レーザーを使った脱毛であれば、永久脱毛は可能ですか?
永久脱毛という言葉は「治療終了後、何年経っても1本の毛も生えてこない状態」をイメージされると思います。
医療レーザー脱毛を行うと、まったく産毛が1本もなく、毛が完全になくなるわけではありません。つまり自己処理しなくても良い程度までで毛が再生しない状態・毛が細くなっている状態となります。この状態を正確に永久脱毛と言います。
脱毛完了までどれくらいの期間・回数が必要?
体毛には毛周期とよばれる3つのサイクル(成長期・退行期・休止期)がありますが、レーザー脱毛は成長期の体毛にしか効果的ではありません。つまり効果をしっかりと出すためには、1回目のレーザー脱毛を受けたあと、退行期・休止期が過ぎるのを待ち、成長期になってから2回目のレーザー脱毛を行わなければならないということになります。ソプラノアイスの脱毛は毛包に直接アプローチするため毛周期とはあまり関係ないといわれていますが、本当に効果的な医療脱毛をさせて頂くために、当院でも「2ヶ月ごとの脱毛」を勧めさせていただいております。これは「2ヶ月後に照射するのが最も効果的」ということではなく、「2ヶ月以内で照射しても十分な脱毛効果が得られない可能性がある」ためです。また、男性のヒゲは体毛の中でも特に濃い部分になりますので、脱毛完了するまでにはお時間がかかってしまうことをご了承下さい。

必要な回数は個人差や部位ごとに違いがありますが、トータル5~7回行います。
必要な回数は個人差や部位ごとに違いがありますが、トータル5~7回行います。

キッズ脱毛は何歳からできるの?子供にも効果はあるの?
何歳からでも出来ますが、あまりに小さなうちは施術中じっと動かずにいることが難しいので、小学高学年あたりからの施術をおすすめしています。また思春期が終わるまでは毛根は生えそろわないため、新たな毛根は生えてくる可能性はあります。しかし、今ある毛根は活動しなくなるため脱毛を行うメリットはあります。キッズ脱毛については永久脱毛は望めないことをご了承下さい。
日焼けをした肌でもできるの?
肌色の制限がない脱毛方法ですので可能です。ただし、日焼け後赤く炎症を起こしている方は炎症がおさまるまで施術をすることができない場合もあります。
施術後のケアはどうしたらいいの?
施術後は日焼け止めを塗り、紫外線による刺激をできるだけ受けないようにしてください。

施術の流れ

ファームアップ
  • 初診日に施術可能です。
  • 希望される部位のお肌の状態などを確認していきます。
  • 医師より脱毛について説明いたします。
  • 不安なことや気になること、質問があれば何でもお尋ねください。
  • 個室をご用意。デリケートエリアも、リラックスして脱毛をお受けいただけます。
  • 脱毛される部位によっては、ご用意している施術着にお着替えいただくことがあります。
  • 照射ヘッドを動かしながらレーザーを照射。次第に蓄熱され、温かく感じます。
  • 照射部分のケア
  • 脱毛後の注意事項を再度確認し、次回予約の目安をお知らせします。

医療脱毛ソプラノアイスの料金表

料金表
※施術前はご自身で剃毛してからのご来院をお願いします。
当院でシェービングされる場合、剃毛代として別途2,000円を頂戴いたします。

ソプラノアイス脱毛料金(税別)

部位 1回 3回コース 6回コース
全顔 ¥40,000 ¥115,000 ¥200,000
¥15,000 ¥42,000 ¥75,000
眉間+額 ¥18,000 ¥51,000 ¥90,000
両頬 ¥25,000 ¥70,000 ¥125,000
鼻下 ¥10,000 ¥28,000 ¥50,000
口周り ¥15,000 ¥42,000 ¥75,000
¥10,000 ¥28,000 ¥50,000
背中全体 ¥50,000 ¥140,000 ¥250,000
背中(上) ¥25,000 ¥70,000 ¥125,000
背中(下) ¥25,000 ¥70,000 ¥125,000
両ワキ ¥10,000 ¥28,000 ¥50,000
腕全体 ¥50,000 ¥140,000 ¥250,000
両ひじ上 ¥25,000 ¥70,000 ¥125,000
両ひじ下 ¥25,000 ¥70,000 ¥125,000
両手の甲・指 ¥15,000 ¥42,000 ¥75,000
Vライン ¥20,000 ¥56,000 ¥100,000
足全体 ¥80,000 ¥230,000 ¥400,000
両ひざ上 ¥45,000 ¥125,000 ¥225,000
両ひざ下 ¥35,000 ¥100,000 ¥175,000
両ひざのみ ¥15,000 ¥42,000 ¥75,000
ひげ全体(男性) ¥35,000 ¥100,000 ¥175,000
両頬(男性) ¥25,000 ¥70,000 ¥125,000
鼻下(男性) ¥12,000 ¥33,000 ¥60,000
顎(男性) ¥15,000 ¥42,000 ¥75,000

キッズ脱毛は上記料金の20%オフとなります。

page top